AKB48 まとめ道場

AKB48関連のまとめブログです!

    1: 47の素敵な 2019/01/05(土) 18:47:45.84 .net

    まだまだいけるな

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000005-mnet-musi

    「なぜ、今なのか(笑)」。松井玲奈、主演ドラマでの“セーラー服姿”披露に複雑な想い

    【【パワハラしない優しい方の松井】松井玲奈さん(27歳)のセーラー服姿似合い過ぎ、しかも巨乳化】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/01/05(土) 19:42:24.82 .net

    @
    AKB48にしがみついてる団子鼻野郎まじでキンプリに近づくなよwwww
    手越の件もあったしジャニーズ食うからほんま信用できやんwwwww柏木由紀ムリwwww

    午後2:50 - 2019年1月5日

    @
    柏木由紀がキンプリに手を出したら暴れる。
    午後4:14 - 2019年1月5日

    @
    ラインニュースになってたんだけど
    柏木由紀って手越だけじゃなくてキンプリにまで手だそうとしてんの??
    午後4:28 - 2019年1月5日

    @
    柏木やめとけキンプリから見たらおばさんだからやめとけってwww
    午後5:10 - 2019年1月5日

    @
    柏木由紀今度はキンプリかい。
    年齢考えろババァ
    午後5:59 - 2019年1月5日

    @
    柏木さんキンプリちゃんのこと見てかっこいいって大興奮したのね。かっこいいよね。わかる。
    でもあーたもアイドルなんだから表で騒ぐのはやめなよ…なんでわざわざ表で騒ぐ必要あんねん…
    あんたもプロやろ…アイドルやろ…イケメン見て興奮する推し見たらファンの人がどんな気持ちに
    なると思ってるの…
    午後6:35 - 2019年1月5日

    @
    柏木由紀��超かっいい!と大興奮!!!?!��キンプリちゃん逃げて!!!��
    午後6:59 - 2019年1月5日

    【【悲報】ジャニヲタ激怒「柏木由紀はキンプリに近づくな!」「年齢考えろババア」「キンプリちゃん逃げて!」】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/01/05(土) 16:19:08.62 .net

    460 47の素敵な(家) 2019/01/05(土) 14:18:57.03 ID:
    スポニチより
    後半
    42.0 DA PUMP
    42.1 いきものがかり
    41.8 AKB48
    40.4 福山雅治
    40.4 King & Prince
    40.2 Perfume
    42.0 関ジャニ∞
    41.7 欅坂46
    42.0 三山ひろし
    42.6 西野カナ
    41.9 SEKAI NO OWARI
    42.1 乃木坂46
    40.8 北島兄弟
    41.7 北島三郎
    42.7 TWICE

    AKB下げてるじゃん

    【【速報】正しい紅白歌合戦視聴率が判明 乃木坂>AKBwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/01/04(金) 17:10:04.98 .net

    http://www.ske48.co.jp/news/?id=1546588370
    SKE48 研究生 安達玲奈 活動辞退のご報告
    SKE48 研究生 安達玲奈より、
    学校から芸能活動禁止の指摘があり、
    本人やむ無く、活動辞退の申し出がございました。

    これを受け、
    本日1月4日(金)を持って SKEを卒業とさせて頂きます。

    ・最終活動 → 2019年1月4日(金)
    ・ファンレタープレゼント受付 → 2019年1月31日(木)到着分まで

    応援して下さったファンの皆様、ありがとうございました。

    劇場支配人 湯浅洋

    【【速報】 SKE48 研修生 安達玲奈 活動辞退のご報告】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/01/04(金) 17:18:46.51 .net

    アイドルグループというものを考えてみたい。
    なぜAKB48にあれほど嵌ったわしが、今は興味を失っているのか?

    簡単なことで、AKB48 の快進撃は社会現象だったからである。
    あれほどの大人数のアイドルがグループで売り出すという現象も初めてのことだった。

    「握手会」で「会えるアイドル」というシステムが導入され、まるで選挙のようにファン(ヲタ)を獲得し、支持するメンバーを「推し」と言い、目移りすることを「推し変」と言ったり、独特の言葉が次々に生み出されていた。
    新しい文化が生まれていたのだ。

    ヲタの支持を得たメンバーが運営にも推されていくという「民主主義」のシステムが導入され、ついに「総選挙」までやり始める。
    アイドルに「直接民主制」が導入されたが、実はその票自体が「カネ」で何万票でも買っていいという「金権選挙」を堂々と容認していた。

    無名のメンバーをヲタたちが協力し合い、大量の票を投じて無理やり上位に押し上げたりもできるのだから、とんでもないアイドル・システムなのだ。

    「恋愛禁止」がルールだと思っていたら、人権派の弁護士までが、それは少女たちに対する人権侵害だと非難し始め、
    その批判に負けて、運営が「そんなルールはなかった」と言い始め、以降はメンバーがヲタと恋愛しても「スルー」し始める。

    恋愛禁止だったからこそ、それまで禁を破ったメンバーが残酷にも辞めさせられていたのだし、その残酷性が面白いという面もあったし、
    指原は禁を破っても辞めさせられることなく、HKTに移動させられ、以降のサクセスストーリーが作られた。
    峯岸みなみは禁を破って丸坊主にして、世界にその様子がYouTubeで伝搬していくほどの大スキャンダルになってしまった。

    恋愛禁止ルールがいつの間にか消滅したのは、「人権」というイデオロギーが、「少女の恋愛を禁じてはならない」というところまで、バブル化していたからである。

    AKBに限らず、アイドルグループのヲタは決して若者ということもなく、恐ろしく老けたおっさんだらけだった。
    年寄りでもAKBを応援していい、恥ずかしくないという居直りの市民権を保障したのが、わしや宇野や中森らの評論家だったのだろう。

    グループ押しの者たちが、激しく他のグループといがみ合ったり、それがまたCDの売上競争につながったり、異例のことばかりだった。

    わしがAKBに興味があったのは、非常に政治的な現象であり、カオスの中に新秩序がどのように形成されていくかを見たかったからである。
    したがって完成形を見る前に、バッシングが来たら、必死で守るという態度をとったために、狂気じみていたかもしれない。

    AKB48ブームが終わったのは、わしは「恋愛禁止ルール」の撤廃が一番大きかったと思う。
    宗教の核心を捨て去ったのだ。

    今でもAKB48のCDは300万枚も売れているという。
    これは単純に拡大路線で地方にも直接会えるヲタを開拓していったからだ。
    CDはヲタが「推し」に会って握手するために何枚も買っているだけの切符であり、曲が好きで買っているわけではない。

    乃木坂や欅坂になると、もう社会性が全然ない。
    可愛い女子に夢中になるかどうかの「私」的な話でしかない。

    さらにAKBや他のアイドルグループのメンバーは、卒業したら単体で活躍できるのかという課題にも、どうやら結論が出たのかもしれない。

    もうアイドルグループは社会現象ではなくなった。
    社会の人々の目を剥き、顰蹙を買う存在ではなくなった。
    安心・安全の社会秩序の中に回収されてしまったのだ。

    わしが夢中になってたのは、理由がある。
    飽きてしまったのにも、理由がある。
    ただ、NMB48には未だに「私的」に可愛いいと思えて、未練が残るメンバーがいる。
    そういうことだ。

    【小林よしのり「AKBがオワコンになったのは恋愛禁止じゃなくなったから」】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/01/04(金) 08:31:16.72 .net

    アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の岩田華怜(かれん、20)が3日、初詣のため東京・目黒の大圓寺(だいえんじ)を訪れ、鮮やかな水色地で鶴柄の振り袖姿を披露した。

    昨年は7本の舞台に出演するなど大活躍。
    多忙な合間を縫って大好きな麻雀の腕も上げた。
    今年は“二刀流”の飛躍を期し、絵馬に「映画単独主演」と「麻雀でダブル役満」と書き込んだ。

    時間があれば週3回ほど雀荘に通い、6時間ほど打つこともあるというはまりっぷり。
    「この世で一番深いゲーム。打ち方ひとつで全く展開が変わる面白いゲーム。『麻雀やってると芝居もうまくなるよ』と先輩に言われた」と力説した。

    2016年にAKBを卒業し、昨年5月にはたちを迎えた。
    AKB同期の田野優花(21)、武藤十夢(24)らとよく酒をたしなむようになったといい、「いろいろ飲んでみて、やっぱり地元(仙台)のお酒がおいしいなって。エイヒレと一緒に」とにっこり。

    この日引いたおみくじは「吉」。
    札に「えんだん、ととのえてよし」の文字があったが、「結婚願望はあるけど、今ほしいのはそこじゃない」。
    現在交際相手はいないと明かし「昔から男友達が多い。小中高とみんな友達は男性。みんないい弟みたいな感じで終わっちゃう」と振り返った。好きな男性のタイプについては「どんな仕事をしていても一生懸命な人。(麻雀は)逆に打たないでほしい。振り込んじゃったら破局の危機」とジョーク交じりに話した。

    5日から舞台「神ノ牙―JINGA―転生」(東京・銀河劇場、14日まで)にゲスト出演する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000110-sph-ent

    麻雀漫画実写「咲-Saki-阿知賀編」にも出演した岩田華怜

    元AKB48 岩田華怜


    【元AKB48岩田華怜、麻雀ドはまり!週3回の雀荘通い「この世で一番深いゲーム」「目標はダブル役満」】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/01/04(金) 09:41:35.82 .net

    日刊

    乃木坂46生田絵梨花(21)のセカンド写真集「インターミッション」(22日発売、講談社)が、女性ソロ写真集としては異例の初版20万部となったことが3日、分かった。

    軒並みヒットを記録する乃木坂46メンバーのソロ写真集でも、最多の初版となった。
    累計30・5万部を売り上げた白石麻衣(26)のセカンド写真集「パスポート」の初版10万部を大きく上回った。

    女性ソロ写真集の初版20万部は、今年創業110周年を迎える講談社でも最多記録という。
    同社の販売担当者は「講談社110年の歴史で、初めての出来事です!」とコメントした。

    写真集の撮影は昨年9月、全編ニューヨークで7日間行われた。
    街並みを舞台に躍動する姿などを収録。
    自身初のランジェリーショットにも挑戦するなど、大人の魅力にもチャレンジしたという。
    昨年11月の予約開始時点からインターネット書店でもランキング1位を獲得するなど、話題となっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00435572-nksports-ent

    生田絵梨花セカンド写真集『インターミッション』表紙

    生田絵梨花“初ランジェリー姿”解禁

    生田絵梨花セカンド写真集より







    【乃木坂生田のランジェリー写真集、初版20万部wwwwwwww 講談社「110年の歴史で史上最多」 白石麻衣超え】の続きを読む

    このページのトップヘ